映画ナタリー

「デカレンジャー」10年ぶりにエマージェンシー!センちゃんがウメコに生告白

407

Vシネマ「特捜戦隊デカレンジャー 10 YEARS AFTER」完成披露上映会の様子。

Vシネマ「特捜戦隊デカレンジャー 10 YEARS AFTER」完成披露上映会の様子。

本日8月30日、東京・虎ノ門ニッショーホールにてVシネマ「特捜戦隊デカレンジャー 10 YEARS AFTER」の完成披露上映会が開催された。

「特捜戦隊デカレンジャー」は、2004年から2005年にかけて全50話が放送されたスーパー戦隊シリーズ第28弾作品。「特捜戦隊デカレンジャー 10 YEARS AFTER」は、10年ぶりにオリジナルキャスト・スタッフが集結して製作された新作エピソードだ。

この日のイベントにはデカレッド役のさいねい龍二、デカブルー役の林剛史、デカグリーン役の伊藤陽佑、デカイエロー役の木下あゆ美、デカピンク役の菊地美香、そして“ボス”ことデカマスターの声を務める稲田徹が登壇した。

さいねいが「皆さん帰ってまいりました!」と呼びかけると、客席からは「おかえりなさい」の声援が。続いて林が「相棒って言うな!」とデカブルーの口癖を交えて挨拶すると、伊藤までも「逆立ちっていうな!……誰も言ってないか」と笑いを誘いつつ「まだ日曜のぎりぎり午前中だから……ニチアサに帰って来たぞ!」と会場を盛り上げる。

本作の見どころとして、伊藤は自身が演じるセンと菊地演じるウメコの関係性を挙げる。しかし菊地は他人事のように「付き合ってるんですかね?」と尋ね、あわてた伊藤は「いや、付き合ってるでしょ! お願いだから付き合ってください!」と突然の告白。これに菊地が「お、お願いします」と答えると、会場から大きな拍手が起こった。

またこのイベントはニコニコ生放送で中継されており、ステージの画面には視聴者のコメントが映し出されていた。「ボスの名乗りが聞きたい」というコメントがあったことから、稲田がマイクを通さない地声で「百鬼夜行をぶった斬る、地獄の番犬! デカマスター!!」と決めゼリフを披露。すると「似てる!」「そっくり」というコメントが殺到し、キャストらは爆笑しながら「これ、本人ですよ」と訂正した。

さらに稲田が付けてきたドギー・クルーガー風の仮面をさいねいが「出オチ」「すべってる」と酷評したり、変身シーンの撮影を見学していた稲田が感動で号泣していたエピソードが明かされたりと、キャストらの稲田いじりが続く。

最後にイベントに登壇できなかったデカブレイク役の吉田友一からのビデオメッセージが流されたあと、さいねいが「皆さんおそらくSNSのアカウントを1人3つくらい持ってるんじゃないかと思います。『面白かったよ』『これは買い!』『永久保存版』などキャッチーなコメントを『拡散希望』の文字とともに投稿してください! この作品の面白さを広めるのを手伝ってください!」とアピールし、熱狂に包まれたままイベントは終了した。

Vシネマ「特捜戦隊デカレンジャー 10 YEARS AFTER」のBlu-ray / DVDは10月7日に発売。

※映画ナタリー PowerPush 公開中!
劇場版「仮面ライダードライブ」「手裏剣戦隊ニンニンジャー」特集

映画ナタリーをフォロー