映画ナタリー

市原隼人出演理由は「狂っていたから」、「極道大戦争」初日舞台挨拶で思い明かす

221

「極道大戦争」初日舞台挨拶の様子。左からKAERUくん、青柳翔、高島礼子、成海璃子、市原隼人、リリー・フランキー、でんでん、坂口茉琴。

「極道大戦争」初日舞台挨拶の様子。左からKAERUくん、青柳翔、高島礼子、成海璃子、市原隼人、リリー・フランキー、でんでん、坂口茉琴。

本日6月20日、東京・TOHOシネマズ 新宿にて「極道大戦争」の初日舞台挨拶が行われ、主要キャストの市原隼人成海璃子リリー・フランキー高島礼子青柳翔でんでん坂口茉琴、劇中に登場するキャラクターのKAERUくんが登壇した。

三池崇史の監督最新作「極道大戦争」は、噛んだ人間をヤクザに変えてしまう“ヤクザヴァンパイア”を描いた極道エンタテインメント。市原は敏感肌ゆえに刺青も入れられない半端者のヤクザ影山亜喜良を、影山が思いを寄せるヒロインの杏子を成海が演じている。

多数のヤクザ映画を手がけてきた三池が、原点回帰と語っている同作。脚本を読んだときの感想を聞かれた市原は「カエルは出てくるは、カッパは出てくるは本当に狂っていて、すぐに出たいと思いました」と出演理由を明かす。影山の所属する組の親分、神浦玄洋を演じたリリー・フランキーは「台本を読んだときもすごいなと思いましたが、三池さんは現場に入ってから要素を足していくんです。それで一時、R28+ぐらいまでいってしまって……」と振り返る。続けて「いつも監督に『今日はR何歳ですか』って聞いていました」と現場でのエピソードを語り、会場の笑いを誘う一幕も。

舞台挨拶では、噛まれたら何になりたいかを主要キャストが回答し、「大阪のおばちゃん」「ジム・キャリー」「クリント・イーストウッド」と各々の願望を告白。また同作に出演しているインドネシアのアクション俳優ヤヤン・ルヒアンからのビデオメッセージとカンヌ国際映画祭出品時の模様も上映され、北米やフランス、イタリアなど世界21カ国での公開がサプライズ発表された。

KAERUくんの演舞や瓦割りなども披露され、観客だけでなくキャストもご満悦の様子だった同イベント。MX4D版での上映も決まっている同作に対して成海は「私も楽しみにしているので、MX4D版も観てもらえるとうれしいです」と観客に呼びかける。最後に市原が「この撮影がずっと続けばいいなと思える現場でした。三池組の職人の方々と一緒に仕事ができて本当に光栄です」と熱く語り、イベントの幕を閉じた。

映画ナタリーをフォロー