映画ナタリー

「斉木楠雄のΨ難」実写映画化決定、クールな超能力少年を描く学園ギャグ

74

麻生周一によるマンガ「斉木楠雄のΨ難(さいきくすおのサイなん)」が実写映画化されることが、本日6月15日発売の週刊少年ジャンプ29号にて発表された。

「斉木楠雄のΨ難」は、テレパシーや念力などありとあらゆる超能力を持って生まれた高校生、楠雄の日常を描く学園ギャグマンガ。本気を出せば3日で人類を滅亡させられるほどの能力をひた隠し、努めて冷静に平凡な日々を送ろうとする楠雄だが、個性豊かなクラスメイトたちが起こす騒動に巻き込まれていく。

映画のキャストや監督、公開時期などの詳細は現時点では明らかになっていない。ファンは続報を待とう。

映画ナタリーをフォロー