映画ナタリー

菊池亜希子の恋人演じた中島歩、“精神的に荒れ狂い”ながらも浅田真央に救われる

42

「グッド・ストライプス」舞台挨拶の様子。

「グッド・ストライプス」舞台挨拶の様子。

本日4月23日、東京・スペースFS汐留にて「グッド・ストライプス」の完成披露試写会が行われ、舞台挨拶に主演の菊池亜希子中島歩臼田あさ美杏子、そして監督の岨手由貴子が登壇した。

「グッド・ストライプス」は妊娠をきっかけに結婚することになったマンネリカップルの2人が、新しい生活の中でお互いを理解していく過程を描いた作品。モデルや女優として活躍している菊池が演じるのは、自由奔放な文化系女子の緑。そしてNHK連続テレビ小説「花子とアン」に出演した中島が優柔不断な緑の恋人、真生に扮する。

タイトルの「グッド・ストライプス」には、「結婚しても相手にあわせて自分の趣味を変えたりせず、2つの平行線のままの関係でいいじゃないか」というメッセージが込められていると監督は話す。菊池は「私たちの世代にとってすごく切実な問題を扱っていて、結婚へのハードルを下げてくれる作品だと思います」と話した。

この日の中島は緊張していたのか、司会から撮影中の裏話について質問されるとマイクを当てるのを忘れて話し始めるという一幕も。リハーサル中は役との距離がうまくつかめずに苦労したとのことで、当時の自身の状況について「精神状態が荒れ狂ってしまっていて……」と発言。しかし同意を求められた監督は「そうでしたっけ? でも次の日には、ちょうどソチオリンピックの頃だったから『浅田真央ちゃん観ました!?』とかいって明るく話しかけてきたよね」と明かす。それを受けて中島は「違うんですよ! あのときは、真央ちゃんもうまくいっていない時期だったのでそこに共感したんです! あ、真央ちゃんに自分を重ねるなんておこがましい話なんですけど……」とたどたどしく話し、会場では笑いが起こった。

最後に菊池が「『グッド・ストライプス』は普通だったらドラマにならないような2人の物語がたまたま映画になった作品。自分の経験を思い出したり、主人公に周りの誰かを当てはめたりして、近い距離感で観てほしい」とまとめ、舞台挨拶は終了した。

「グッド・ストライプス」は5月30日より、東京・新宿武蔵野館ほかにてロードショー。

映画ナタリーをフォロー