映画ナタリー

「プロレスキャノンボール」沖縄上映でマッスル坂井、RGがまさかの号泣

359

「劇場版プロレスキャノンボール2014」上映イベントの様子。左からバッファロー吾郎、レイザーラモン、マッスル坂井、高木三四郎、松江哲明、しずる。

「劇場版プロレスキャノンボール2014」上映イベントの様子。左からバッファロー吾郎、レイザーラモン、マッスル坂井、高木三四郎、松江哲明、しずる。

本日3月26日、第7回沖縄国際映画祭にて「劇場版プロレスキャノンボール2014」の上映イベントが行われた。

上映前トークにはまずバッファロー吾郎、しずる、そしてプロレスラーのモノマネをしながらレイザーラモンが登場。HGはオカダ・カズチカになりきって自己紹介を披露し、RGは外道のモノマネで「お前らとはレベルが違うんだよ! 今日はこの会場に笑いの雨を降らせてやるからな!」と決めたものの、会場は微妙な空気に。しかしゲストとして、この作品の監督であるマッスル坂井、製作総指揮を務めた高木三四郎、そしてこの作品の大ファンだという映画監督の松江哲明がステージに上がると会場は拍手に包まれた。

この上映会では芸人とゲストの生オーディオコメンタリーを聞きながら作品を鑑賞できる。プロレスラーたちが全力で戦い、時に悩みながらも仲良くじゃれあう姿を描いたドキュメンタリー「劇場版プロレスキャノンボール2014」。ゲストや芸人も最初は笑いながら観ていたものの、ラストには感動してコメントするのを忘れていたほど。

上映後に再び壇上に上がったマッスル坂井は、「自分で作ってるのに、編集してる段階から何回観てもラストで泣いちゃって……。特に今日は、同じ時期にプロレスをやってたレイザーラモンの2人や、お世話になったバッファロー吾郎さんと一緒に観ているというのもあって……」と涙を流した。

司会から「撮影しながら、作品の構想はできていたんですか?」と質問されると、坂井は「最初の方は、『もっと撮れるものがあるだろ!』と怒ってたくらいだけど、説教しながら『あ、今の瞬間映画っぽくなってる』と思って心の中でガッツポーズしてました」と答えた。さらに「出演している大家健が必ず何かしら間違えてくれるので、そのたびに『よし、間違えた! 面白くなる!』と思ってました」と明かす。

スクリーンで観たのは初めてだという松江監督は「現実を撮っているのにフィクションに見えるというか、カメラが存在することによって新しい現実が生まれている。それを捉えているのがマッスル坂井さんの作品らしいなと思った」と、監督ならではの視点で感想を述べた。

ここで外道のモノマネをしていたはずのRGが、それをすっかり忘れバンダナの下で号泣していることが発覚。「ハッスルがなくなったとき、皆さんを手伝ってリングの片付けとかさせていただいてたので、もう最後のあたりで感動してしまって。ちょっとでもプロレスに関われてよかったなと思った」と涙ながらに語り、その見た目とのギャップに会場は爆笑に包まれた。

続編の可能性について坂井は「またこのメンバーが集まれば必ず事件が生まれるから、いくらでも続編を作れますね。次は笑いの聖地、難波を目指したい!」と話す。それを受け高木が「今回も東京から西を目指していたはずが、最終的に東北にたどり着いた。だから次回も、西を目指していたらいつのまにか南……そして沖縄までたどり着くこともあるんじゃないですかね」と言うと、会場の沖縄県民から歓声が上がった。最後に高木が「3年前に沖縄で興行をやったんですが、今年か来年、またDDTは沖縄に帰ってきます!」と宣言したところで盛り上がりは最高潮に達し、このイベントは終了した。

「劇場版プロレスキャノンボール2014」はシネ・リーブル池袋ほかにて上映中。

映画ナタリーをフォロー