映画ナタリー

おかげさまでナタリー10周年

山河ノスタルジア

山河ノスタルジア

サンガノスタルジア
原題:山河故人

解説

作品を経るごとに国際的な評価を高め、前作『罪の手ざわり』ではカンヌ映画祭で脚本賞に見事輝いた中国の若き巨匠、ジャ・ジャンクー監督の最新作。激変する時代に翻弄されながらも、決して変わることのない母と子をつなぐ深い絆が描かれる。現在、過去、未来の3つの壮大な時間を軸にした物語など、ジャ監督の新境地が随所にうかがえる1本だ。

ストーリー

1999年、山西省の田舎町で小学校教師をするタオは労働者のリャンと実業家のジンシェンから求愛される。迷った末、タオはジンシェンと結婚し、息子ダオラーを授かる。時が経ち2014年。離婚して故郷に戻っていたタオの前に今は父と暮らす息子が現れる。

2016年4月23日(土)公開[PG-12] / 上映時間:125分 / 製作:2015年(中国=日本=仏) / 配給:ビターズ・エンド=オフィス北野

(C)Bandai Visual, Bitters End, Office Kitano

(C) PIA

山河ノスタルジアのニュース

映画ナタリーをフォロー