映画ナタリー

殿、利息でござる!

殿、利息でござる!

トノリソクデゴザル

解説

『武士の家計簿』の作者・磯田道史が実在の人物について綴った『無私の日本人』の一編『穀田屋十三郎』を、阿部サダヲが主演、中村義洋が監督を務め映画化した時代劇。江戸時代に実在し、町を救うため無私の想いを貫いた町人・穀田屋十三郎の活躍をユーモアたっぷりに描く。町一番の知恵者を瑛太、十三郎の弟で造り酒屋の主を妻夫木聡が演じる。

ストーリー

困窮する仙台藩では、百姓や町人が重税を課せられ、破産と夜逃げが相次いでいた。宿場町・吉岡藩で町の将来を心配していた十三郎は、ある日、知恵者の篤平治から宿場復興の秘策を打ち明けられる。それは藩に大金を貸し付け利息を巻き上げるという計画だった。

2016年5月14日(土)公開 / 上映時間:129分 / 製作:2016年(日本) / 配給:松竹

(C)2016「殿、利息でござる!」製作委員会

(C) PIA

殿、利息でござる!のニュース

映画ナタリーをフォロー