映画ナタリー

ベルセルク 黄金時代篇I 覇王の卵

ベルセルク 黄金時代篇I 覇王の卵

ベルセルクオウゴンジダイヘンイチハオウノタマゴ

解説

第6回手塚治虫文化賞マンガ優秀賞を受賞し、ドイツ、フランスを始め全世界15ヵ国で翻訳されるなど海外でも大人気の三浦建太郎原作の漫画『ベルセルク』のすべてを映像化する“ベルセルク・サーガプロジェクト“第1弾。戦乱で荒廃した架空の中世のファンタジー世界を舞台に、剣士・ガッツが巨大な剣で壮絶な運命を切り開いていく。

ストーリー

巨大な長剣を意のままに操る孤独な剣士・ガッツは、傭兵として各地を渡り歩いていた。そんなガッツに目をつけた傭兵集団“鷹の団“のグリフィスは、決闘でガッツを制し、鷹の団に引き入れる。共に激戦をくぐり抜けるうちに、2人の絆は深まっていくのだが……。

2012年2月4日(土)公開 / 上映時間:80分 / 製作:2011年(日本) / 配給:ワーナー・ブラザース映画

(C)三浦建太郎(スタジオ我画)・白泉社/BERSERK FILM PARTNERS

(C) PIA

映画ナタリーをフォロー