映画ナタリー

インフィニティ∞波の上の甲虫

インフィニティナミノウエノコウチュウ

解説

現実と虚構の境界が曖昧なメタ・フィクション構造を持つ、いとうせいこうの同名小説を映画化。雅楽界のカリスマ、東儀秀樹とひとり2役の奥菜恵の顔合わせも興味深いファンタジー。

ストーリー

心の荒んだライター、高橋が、フィリピンのボラカイ島を訪れ小説を書き始める。彼が謎めいた日系人娼婦マリアと出会った頃、小説の主人公タカハシも美しい少女とめぐり合う。

2001年12月1日(土)公開 / 上映時間:119分 / 製作:2000年(日本) / 配給:KUZUIエンタープライズ=ギャガ=ベルシステム24=メディアファクトリー=WOWOW

(C) PIA

映画ナタリーをフォロー