映画ナタリー

rei harakami

rei harakami

レイハラカミ

1970年に広島で生まれ、現在は京都在住の電子音楽家。Flare(KEN ISHIIの変名プロジェクト)が1996年に発表したリミックスアルバム「Re-Grip」への参加でミュージシャンとしてのキャリアをスタートさせ、それまでのクラブミュージックとは異なる澄み切った独特なサウンドで注目される。
2001年にリリースされた3rdアルバム「red curb」をきっかけにその人気は一気に拡大。UA、Great3、Chocolat、イルリメ、ASA-CHANG&巡礼、二階堂和美などのプロデュースや、くるり、NUMBER GIRLのリミックスなどを手がけ、ロックやポップスの分野からも引く手あまたのトラックメイカーとなる。
2005年にはお台場・日本科学未来館のプラネタリウムで公開された「暗やみの色」の音楽を全曲書き下ろし、翌年「レイ・ハラカミ feat.原田郁子」名義でサントラを発表。さらに2008年には映画「天然コケッコー」のサウンドトラックを手がけ、「第62回毎日映画コンクール」にて音楽賞を受賞している。また、矢野顕子とスペシャルユニットyanokamiを結成。2007年にアルバム「yanokami」を発表している。

rei harakamiのニュース

映画ナタリーをフォロー