映画ナタリー

ヴィン・ディーゼル

ヴィンディーゼル

演劇の教師をしていた養父の影響で7歳で初舞台を踏む。ハンター・ガレッジでは英文学を専攻し、脚本も書き始める。1994年「Multi-Facial」で自ら監督、製作、脚本、主演しデビュー。彼の才能に注目したスピルバーグ監督が「プライベート・ライアン」(1998)に抜擢。「トリプルX」(2002)で、一躍アクションスターに。

(C) PIA

ヴィン・ディーゼルのニュース

映画ナタリーをフォロー