コミックビーム100PR

コミックビーム100 岩井好典(月刊コミックビーム編集長)×本気鈴(コミックビーム100特命責任編集長)|100ページで100円! 思わず「本気!?」と言いたくなる、新Web雑誌の魅力を徹底解剖

将来的には第2、第3のビーム100を作りたい

──インタビューをさせていただいた今日、ちょうど1号分の原稿がすべて揃ったということですが、できあがりを見た感想はいかがですか。

conix「青高チア部はかわいくない!」1巻

本気 通して読んで、「意外と雑誌としてまとまってる!」って思ったんですよ。ファンタジーもラブコメもエッセイも……と自分の好きなものを詰め込んでしまったんですが、いろいろあって楽しいなって前向きに感じたんです。conixさんの「青高チア部はかわいくない!」みたいに少女マンガ誌でも通用しそうなポップなものも、いましろたかしさんの「新釣れんボーイ」みたいに青年誌でコアなファンに愛されていそうなものも、どちらもあるのがビームじゃないですか。ちゃんと“ビームしてる”と思ったんです。

岩井 ジャンルで絞ったりはしないけれど、1本1本の作品が読者に刺激を与えるものにする、というのがビームですからね。ビームの表紙に入っている「comic magazine for comic freaks」、“マンガが好きな変わり者たちに贈るマンガ雑誌”という文言を、ビーム100の表紙にも入れるので。せっかく増刊を作るわけだし、「ビームってこうだよね」と思っている読者が、「これビーム?」と驚くようなものになる方が、増刊を出す意味がある。ただ、上に企画を通す段階で「これ、ビームか!?」という声もあったので、桜玉吉さんの作品が表紙と4コマで登場します(笑)。

桜玉吉「読もう!コミックビーム」

本気 玉吉さんが載っていれば、もうこれは完全にビームですよ(笑)。

──週刊ファミ通に掲載されていた「読もう!コミックビーム」の、単行本未収録作品が再掲載されるそうですね。そちらも楽しみです。最後に、ビーム100の今後について聞かせてください。

岩井 僕はうまくいけば、ビーム100がこれからのマンガ界を変えるかもしれないと思ってるんですよ。今の時代、編集者がインフルエンサー的な役割を持つ側面もあるわけじゃないですか。このマンガも面白いですよって、どんどん言っていかなきゃいけない。今回は本気さんにそれを担ってもらうわけですけれど、「海街diary」を手がけたマンガ編集者が太鼓判を押すマンガだったら、きっと面白いだろうって思うじゃないですか。

本気 とんでもないプレッシャーですね!(笑) 期待にも応えたいし、連載が続いて単行本も売れて、作家さんも読者さんにも喜ばれる作品を作りたいです。

岩井 ビームが、「面白いものを描いてくれるだろう」と作家さんに賭けるように、今回は編集者に賭けているわけです(笑)。将来的にはビーム100の多様なラインを2本、3本と走らせていきたいんです。100ページだと少ない気もしますけど、それが例えば5本になれば500ページ。雑誌ひとつぶんになるじゃないですか。今回だって実験的な部分が多いですし、無料にしたほうがいいんじゃないかとか、100ページという制限を設けないほうがいいんじゃないかとか、いろいろ悩んでいる部分もあります。でも、たぶん正解はどこにもないんですよ。それに、こういうトライ&エラーこそがビームらしさだという気もする。

本気 私は自分が面白いと思うものを、毎回100ページという制限ぎりぎりまで詰め込んでいくだけです。どの作家さんも本当にいい仕事をしてくださっているので、最初から最後までじっくり読んでほしいですね。それが盛り上がって、第2、第3のビーム100につながれば最高です!

応援メッセージ

「コミックビーム100」の誕生を祝し、バラエティ豊かな人々から応援メッセージが到着!

麻宮騎亜(漫画家)

本気鈴さんは、実際に僕と一緒に蒸気やJUNK、彼女のカレラを立ち上げた方。

1番信頼している編集さんです! 楽しみ!

沢考史(前週刊少年チャンピオン編集長、現執行役員編集局次長/秋田書店)

私は本気鈴さんを漫画編集者として尊敬しています。本気鈴さんは漫画が好きで、漫画家が大好きで、漫画家さんと付き合いぬくタフネスがあって。かすかな響きをとらえる感性があって、その自分の感性を信じる勇気と力があって。この20年間で何度、本気鈴さんの編集力に助けてもらったことでしょう。漫画の面白さを教えてもらったことでしょう。

その本気鈴さんが編集長としてコミック雑誌を創る。それは、本気鈴さんが認め信じる作品たち、その咲き乱れる漫画の園を、これから我々は存分に散策し楽しむことができるということ。これは絶対楽しいぞ! 思っただけでもワクワクしてくる!

本気鈴さん、おめでとうございます! 新たな出発に今、圧倒的に期待いたします!!

…それにしてもビームの岩井くんは、いつも我々から大事なものを持ってっちゃうのね。ひどいと言えなくもないね。

本気鈴さん! この企画、秋田書店からお願いを出すべきでした! 今からでもどうですか!? 素晴らしい漫画家さんたちもご一緒にいいいいいい!!!!!

関善之(デザイナー/ボラーレ)

本気さんは「彼女のカレラ」「海街diary」「鉄のラインバレル」などなど、名だたるマンガを立ち上げた編集さんです。

時々ごはんに行ったりする仲でもあるのですが、話をしているといつも深いマンガへの愛情が伝わってくるんですよね。

会うたび「心からマンガが大好きなんだろうなぁ」と感じいってしまう私ですが、そんなマンガ愛の溢れる本気さんだからこそ、岩井編集長はコミックビーム100の企画を託したんだろうなぁと勝手に想像しております。

もちろん私もこの新しい旅立ちが楽しみな一人であります!

読もう!コミックビーム100!!

コミックビーム100 Vol.1
配信中 / KADOKAWA
コミックビーム100 Vol.1

Kindle版
108円

Amazon.co.jp

コミックビーム100は、2017年10月6日に月刊コミックビームの増刊として創刊されたWeb雑誌。「100ページで100円」をコンセプトに、ベテラン編集者の本気鈴が責任編集を務め、ビームのスピリットにのっとったマンガを発表していく。創刊号にはファンタジー、動物もの、ラブコメ、エッセイなど7作品が掲載されている。

連載ラインナップ

  • 「反逆のオーバーズ」山城良文
    「反逆のオーバーズ」
    山城良文
  • 「ワシとゆきさん」青色イリコ
    「ワシとゆきさん」
    青色イリコ
  • 「ピカリちゃんはなかなかしなないっ!」三部ベベ
    「ピカリちゃんはなかなかしなないっ!」
    三部ベベ
  • 「ちんちんケモケモ」藤咲ユウ
    「ちんちんケモケモ」
    藤咲ユウ
  • 「ソレまだとっとくの?」ねむようこ
    「ソレまだとっとくの?」
    ねむようこ
  • 「快傑蒸気探偵団 ANOTHER STORY 少年怪盗ル・ブレッド」原作 / 麻宮騎亜 漫画 / 金村連
    「快傑蒸気探偵団 ANOTHER STORY
    少年怪盗ル・ブレッド」
    原作 / 麻宮騎亜 漫画 / 金村連
  • 「読もう!コミックビーム」桜玉吉
    「読もう!コミックビーム」
    桜玉吉
岩井好典(イワイヨシノリ)
1997年、エンターブレイン(現KADOKAWA)入社。2013年より月刊コミックビームの編集長を務める。
本気鈴(ホンキスズ)
編集者。これまで編集担当を手がけた主な作品に、麻宮騎亜「快傑蒸気探偵団」、吉田秋生「海街diary」など。