コミックナタリー

サドもカフカもドストエフスキーも、文学男子でイケメン化

399

歴史上の文学者たちをイケメン風に描いて集めた「文学男子」が、明日7月12日に一迅社より発売される。同書は、哲学者を描いた「哲学男子」、芸術家を描いた「美術男子」の続編。表紙イラストはこれまでと同様に、「あまつき」で知られる高山しのぶが手がけている。

「文学男子」では西洋で活躍した文学者を、「共鳴せよ!私立轟高校図書委員会」で知られるD・キッサンをはじめ、乾みく、田倉トヲル、夏珂、高野弓、柳瀬りょう、パトリシアーナ菊池、yoco、吉本ルイス、千歳あめ、やましろ梅太の11名がキャラクター化。ムチを持ったマルキ・ド・サドや、マザコンのボードレール、チンピラ風のドストエフスキーなど、独自の解釈で文豪たちが描かれた。

そのほか同書では、文学者たちのエピソードを4コママンガで紹介。また西洋の文学者以外にも、「日本文学者絵巻」として森鴎外、谷崎潤一郎、芥川龍之介、宮沢賢治がキャラクター化されている。

コミックナタリーをフォロー

  • コミックナタリー大賞