コミックナタリー

筒井康隆作品を、腕利き16人が寄ってたかってマンガに

4

いがらしみきお、みずしな孝之、とり・みきなど豪華執筆陣が筒井康隆の小説をコミカライズしたアンソロジー「筒井漫画瀆本 ふたたび」が、実業之日本社より4月9日に発売される。

執筆陣は明智抄、いがらしみきお、伊藤伸平、折原みと、雷門獅篭、菊池直恵、鈴木みそ、大地丙太郎、高橋葉介、田亀源五郎、竹本健治、とり・みき、萩原玲二、畑中純、みずしな孝之、Moo.念平の16人。筒井の短編が官能劇画、SF、4コマ、ホラーにファンタジーなど、多様なジャンルで表現されている。

「筒井漫画瀆本」は第1弾が1995年に発売され、吾妻ひでお、いしいひさいち、内田春菊、蛭子能収ら17名が参加した。「筒井漫画瀆本 ふたたび」発売に合わせ第1弾も重版を予定しているので、合わせて楽しみたい。

「筒井漫画瀆本 ふたたび」 執筆者・収録作品

明智抄「幸福ですか?」
いがらしみきお「北極王」
伊藤伸平「五郎八航空」
折原みと「サチコちゃん」
雷門獅篭「落語・伝票あらそい」
菊池直恵「熊の木本線」
鈴木みそ「あるいは酒でいっぱいの海」
大地丙太郎「発明後のパターン」
高橋葉介「ラッパを吹く弟」
田亀源五郎「恋とは何でしょう」(「男たちのかいた絵」より)
竹本健治「スペードの女王」
とり・みき「わが良き狼」
萩原玲二「弁天さま」
畑中純「遠い座敷」
みずしな孝之「フェミニズム殺人事件のようなもの」(パロディ4コマ)
Moo.念平「うちゅうを どんどん どこまでも」

コミックナタリーをフォロー

  • スタッフ募集のお知らせ【音楽ナタリー編集記者】
  • コミックナタリー大賞