コミックナタリー

鉄拳のパラパラマンガ「家族のはなし」が舞台化、来年5月に東京&長野で上演

65

お笑い芸人、イラストレーターとして知られる鉄拳のパラパラマンガ「家族のはなし」が舞台化される。

「家族のはなし」は長野県の地方紙である信濃毎日新聞社が、2013年に同紙の創刊140周年を記念し、長野県出身の鉄拳と制作したもの。1918コマにわたるパラパラマンガでは、主人公がミュージシャンになる夢を抱いて上京し、挫折を経て家族の温かさを再発見するというストーリーが描かれた。

舞台版の企画は、鉄拳と同じく長野県出身であるStage Project ILLUMINUSの小宮山薫プロデューサーが担当。脚本・演出は吉田武寛が務め、2018年5月に東京と長野の2都市で上演される。

舞台「家族のはなし」

長野公演

日程:2018年5月3日(木)・5月4日(金)
会場:サントミューゼ

東京公演

日程:2018年5月9日(水)~5月13日(日)
会場:IMAホール

スタッフ

原作:鉄拳「家族のはなし」
脚本・演出:吉田武寛(LIPS*S、ILLUMINUS)
協力:よしもとクリエイティブ・エージェンシー
企画・制作:ILLUMINUS(運営:合同会社 FreeK-Laboratory)

コミックナタリーをフォロー