コミックナタリー

愛人作りコメディ「フリンジマン」がテレビドラマ化、主演は板尾創路

172

板尾創路扮する井伏真澄。(c)テレビ東京

板尾創路扮する井伏真澄。(c)テレビ東京

青木U平「フリンジマン」のテレビドラマ化が決定した。

「フリンジマン」は、愛人作りのベテラン・通称“愛人教授(ラマン・プロフェッサー)”の井伏真澄を描くコメディ。主人公の井伏が、「とにかく愛人が欲しい」と願う冴えない男達に、自身の愛人作りのノウハウをレクチャーしていく。本作はヤングマガジン(講談社)にて連載され、単行本は全4巻が発売中だ。

最高同時愛人数記録11人を誇る井伏を演じるのは板尾創路。テレビ東京のドラマでは初主演となる板尾は「不倫は、男のロマンという感じですよね。危険な遊びというか。本能的に人間にはあることなので、否定も肯定もしないですけどね。この時期に不倫しても『宣伝になるかなと思って』みたいに言えば、1回は許されるのかな(笑)」とコメントしている。ドラマは「土曜ドラマ24『フリンジマン~愛人の作り方教えます~』」のタイトルで、テレビ東京系にて10月よりオンエア。

板尾創路(井伏真澄役)コメント

このご時世、よくこういう企画をするなぁと思います(笑)。不倫は、男のロマンという感じですよね。危険な遊びというか。本能的に人間にはあることなので、否定も肯定もしないですけどね。この時期に不倫しても「宣伝になるかなと思って」みたいに言えば、1回は許されるのかな(笑)。不倫を始めるにはもってこいのタイミングかもしれませんね(笑)。井伏は、愛人をつくるために経験も知識もあるラマン・プロフェッサー(愛人教授)という立場で活躍するわけですが、ばかばかしい話ですけど、真剣に熱くやればやるほど、面白いと思っています。撮影はこれからですが、コミカルなお芝居はせず、ただただ、愛人をつくるためにはどうしたらいいのかという事を真剣に演じていく事で、見ている人は、「なんて馬鹿げているんだろう」という面白さに変わっていく。そうする事が、このドラマの質が上がる事につながっていくと思います。真面目にやろうと思います。テレ東深夜ドラマは大好きで、色々な作品を見ていて、過去に出演させて頂いた事もありますが、今回は主演という事で嬉しく思っております。主演は体力勝負だと思うので、体調管理に気を付けて、頑張りたいと思います。

松本拓プロデューサー(テレビ東京 制作局ドラマ制作部) コメント

昨今の不倫報道にも、そろそろ飽きてきているだろうこの世の中に、起爆剤を投げ込みます。単刀直入に言うと、「愛人を作るためのHow toドラマ」です。こんなことを言うと、「このご時世に、なんでこんな企画を?テレ東はふざけてるのか?」と多数のクレームが予想されますが、最後まで見て頂ければ、その理由が分かると思います。主演は板尾創路さん。このパッケージだけで、既に面白みは伝わっている気がしていますが、テレビ東京の深夜でしか出来ない、笑えて、ためになって、最後には何故か泣ける、徹底的に攻めたドラマを目指していきます。家で、隠れずに、堂々と見て頂ければ幸いです。ご期待ください。

土曜ドラマ24「フリンジマン~愛人の作り方教えます~」

放送日時:2017年10月より毎週土曜深夜24:20~24:50
放送局:テレビ東京系(TX、TVO、TVA、TSC、TVh、TVQ)
主演:板尾創路
原作:青木U平「フリンジマン」(講談社「ヤンマガKC」刊)
脚本:根本ノンジ、守口悠介
監督:久万真路、二宮崇
チーフプロデューサー:浅野太
プロデューサー:松本拓、倉地雄大、伊藤太一(AOI Pro.)

コミックナタリーをフォロー