コミックナタリー

凸凹女子大生のルームシェアライフ描く「織子とナッツン」最終3巻

123

原鮎美「織子とナッツン」の最終巻となる3巻が発売された。

「織子とナッツン」は、身長が高すぎるせいで男性だと誤解される天野織子と、低身長のせいで小学生だと間違われてしまう小池夏生、通称ナッツンという凸凹コンビのルームシェアライフを描いた作品。4コマ作品「でこぼこガーリッシュ」を改題し、ストーリーマンガの形式で仕切り直したもので、ハルタ(KADOKAWA)にて連載されていた。3巻にはこれまでに登場したキャラクターの後日談を描くおまけ漫画も収録されている。

コミックナタリーをフォロー