コミックナタリー

ドラマ「バウンサー」イベント、平埜生成がユナクに「チューしていいですか」

131

「バウンサー」の第1話完成披露試写会の様子。左から大東駿介、平埜生成、超新星・ユナク、村上淳。

「バウンサー」の第1話完成披露試写会の様子。左から大東駿介、平埜生成、超新星・ユナク、村上淳。

みずたまこと原作の実写ドラマ「バウンサー」の第1話完成披露試写会が去る4月10日に東京・スペースFS汐留で開催され、獅子戸丈一郎役の平埜生成、蜂野信也役の超新星ユナク、柿根陽介役の大東駿介、鰐渕剛志役の村上淳がトークショーに登壇した。

自身の演じるキャラクターについての紹介を求められると、ユナクは蜂野について「プライドもIQも高い。そしてツンデレで、冷たいように見える。周りの人から『蜂野ってけっこうユナクだよね』って言われるんですよ。でもプライド低いし(笑)、IQも普通だし、ツンデレでもないんですよ。すごく優しい。……ね? ね!(笑)」と観客に呼びかけ、半ば強引に拍手を引き出す。

続いてドラマのさまざまなシーンを見ながらキャストが語り合うコーナーへ。ユナク演じる蜂野が平埜演じる獅子戸に対して容赦のない打撃を入れる映像を見たあと、ユナクは「これは編集で(パンチやキックを当てた)音を足したわけではなく、実際の音。彼(平埜)が『大丈夫、大丈夫』って言ってくれたので」と撮影の裏話を明かす。平埜は「大丈夫でした」と言いつつ、司会から「でも相当、痛かったですよね?」と問われると「……はい」と正直に答えた。さらに平埜の首を紐で締めるシーンもあり、そこでもユナクは力を入れて締めたとのこと。「OKが出た瞬間に、(平埜が)吐きそうになってた」と明かすと、客席からはどよめきが起きる。

次に上映されたのは、蜂野が獅子戸を暴力で屈服させたあと「気軽に俺に話しかけるな。わかったら返事は『ニャン』だ」と迫るドSなシーン。これを見た村上は、突然「生成くんはプライベートで『ニャン』って言うことあるの?」と質問し、平埜を困らせた。

「ドSキャラを演じるユナクのことをどう分析しているのか」と問われた平埜は、「8割までは(素を)見せてくれるけど、2割は見せない」と解答し、ユナクは「正解です」と納得の様子。対して平埜の印象を問われたユナクは「すごく真面目で、僕が持ってないところをいっぱい持っている。演技を見ててもすごく勉強になる。撮影中、平埜くんが出てるシーンはモニターで見てた」と絶賛。それを聞いた平埜は真面目な顔で突如「……チューしていいですか」と発言し、会場は笑いに包まれた。

続いて大東演じる柿根、村上演じる鰐渕の2人によるシーンが映し出される。他人の心を読める柿根というキャラについて、大東は「そんな能力があったらそれに伴う悲しみや辛さがあるはず。そこからキャラクターを作っていった。人の心を読めるとか、ワープできるとか、イレギュラーな能力がある役はめちゃくちゃ考えなあかん。自分の持ってるものだけでやってしまうと薄っぺらくなる」と役作りについて明かす。そのほか大東からは「ユナクを車に押し付けるシーンがあったんですけど、『どんな体してんねやろ?』って必要以上に触りました」と衝撃の告白も。

ラストの映像は、オフショットとして、平埜とユナクが棒状の照明器具をライトセーバーのように振り回して遊ぶ姿を上映。ユナクが「自然にそういう流れになっちゃった」と明かし、MCが「おふたりがどんどん仲睦まじくなっていってるということですね」とコメントすると、平埜は再び「チューしていいですか」と発言し、集まった観客を沸かせていた。

最後に作品の見どころを聞かれた平埜は「1話の完パケを見て、贅沢な現場でお芝居をさせてもらったんだなと感じました。大東さんや村上さんの芝居を見て『うえー』ってなって。ユナクさんは日本語のイントネーションを気にしていたけど、それを超える芝居があって。いち視聴者としても楽しんでしまった作品です」とアピール。

同じくユナクは「蜂野役のお話が来た瞬間、『やりたいな』と思った。初の日本人役で、どこまで日本語がしゃべれるかというプレッシャーはあったけど、これができたら日本の文化にユナクという存在が広がるんじゃないかということでチャレンジしたいなと。そして現場に行ったら皆さんプロで、いろんなことが勉強になった。アクションは多いし、男同士の友情もあるし、流れも早いし、いい作品だと思われる自信はあります」と熱く語った。

別冊ヤングチャンピオン(秋田書店)にて連載中の「バウンサー」は、夜の街を守る民間警備会社・東京フィストを描いたアウトロー群像劇。ドラマは4月14日よりBSスカパー!にて、オリジナルストーリーを交えながら全10話が放送される。

BSスカパー! オリジナル連続ドラマ「バウンサー」

放送日時:2017年4月14日(金)より毎週金曜21:00~
チャンネル:BSスカパー!(BS241/プレミアムサービス579)
原作:みずたまこと(秋田書店刊「別冊ヤングチャンピオン」連載中)
総監督:熊澤尚人
脚本:まなべゆきこ

キャスト

獅子戸丈一郎:平埜生成
蜂野信也:ユナク
鰐渕剛志:村上淳
高島亮一:テイ龍進
虎井清十郎:TAK∴
馬場千聡:駒木根隆介
柿根陽介:大東駿介
浜崎龍男:佐野和真
獅子戸丈一郎の叔父:寺脇康文

(c)みずたまこと(別冊ヤングチャンピオン)2015/スカパー!・スタジオブルー

コミックナタリーをフォロー