コミックナタリー

石塚真一「BLUE GIANT」が第20回メディア芸術祭マンガ部門の大賞に

437

第20回文化庁メディア芸術祭の受賞作品が、本日3月16日に発表された。マンガ部門の大賞に選ばれたのは、石塚真一「BLUE GIANT」。

「BLUE GIANT」は世界一のジャズプレーヤーを目指す青年・宮本大の物語。単行本は全10巻が発売されており、現在は大が海外を舞台に挑戦していく「BLUE GIANT SUPREME」がビッグコミック(小学館)にて連載されている。

このほかマンガ部門の優秀賞に入ったのは、林律雄原作・高井研一郎作画「総務部総務課山口六平太」、尹胎鎬(ユン・テホ)「未生 ミセン」、筒井哲也「有害都市」、松本大洋「Sunny」の4作品。新人賞には灰原薬「応天の門」、清家雪子「月に吠えらんねえ」、畑優以「ヤスミーン」がそれぞれ選ばれている。アニメーション部門では、大今良時原作による劇場アニメ「映画『聲の形』」も優秀賞を受賞した。

文化庁メディア芸術祭は、メディア芸術の振興を目的とした祭典。マンガ部門、アート部門、エンターテインメント部門、アニメーション部門の4部門で優れた芸術作品を表彰するとともに、国内外の作品を広く紹介する。なお昨年発表された第19回のマンガ部門大賞には、東村アキコ「かくかくしかじか」が選ばれていた。

※イベントレポートはこちらから!
メディア芸術祭で大賞の石塚真一がスピーチ、犬木加奈子も審査の決め手語る - コミックナタリー

コミックナタリーをフォロー