コミックナタリー

通勤マンガ家・座二郎がWIRED.jpで新連載、都市建築についてを描き記す

206

「THE SUPERFLUOUS CITY 座二郎の第9都市」第1回で座二郎が描いた「高速道路の神話と花屋」。

「THE SUPERFLUOUS CITY 座二郎の第9都市」第1回で座二郎が描いた「高速道路の神話と花屋」。

座二郎の新連載「THE SUPERFLUOUS CITY 座二郎の第9都市」が、WebメディアのWIRED.jpにてスタートした。

「THE SUPERFLUOUS CITY 座二郎の第9都市」で座二郎は、建築をテーマに文章とイラストを執筆。設計士としてゼネコンに勤め、通勤途中の電車内でマンガを描く作者の視点から、都市の構造やそこでの生活についてを描き記していく。第1回では東京都中央区に存在する、規格外の複雑さを持った箱崎ジャンクションを題材にしている。

コミックナタリーをフォロー