コミックナタリー

「カノジョは嘘を愛しすぎてる」完結!大原櫻子、佐藤健ら記念コメントも

398

青木琴美「カノジョは嘘を愛しすぎてる」が、本日2月24日発売のCheese!4月号(小学館)にて最終回を迎えた。

「カノジョは嘘を愛しすぎてる」はサウンドクリエイターの小笠原秋と、ロックが好きな少女・小枝理子の出会いから始まる音楽マンガ。2009年に連載がスタートし、第59回小学館漫画賞で少女向け部門を受賞した。また2013年には実写映画が公開されている。

今号には完結を記念し、映画版「カノ嘘」で小枝理子を演じた大原櫻子、小笠原秋を演じた佐藤健、坂口瞬を演じた三浦翔平、篠原心也を演じた窪田正孝の4名からのコメントを掲載。なお単行本の最終22巻は4月26日に発売されるほか、7月24日発売のCheese!9月号では青木の新連載が開幕する。

そのほか今号には川上ちひろ、華谷艶中村ユキチによる読み切りが登場。さらにドラマCDシリーズ「かれピロ」こと、「大好きな彼とHして腕まくらでピロートークされちゃうシリーズ」とのコラボによる「まるで…本当にキスされてるみたいなドラマCD」も封入されている。キャラクターボイスは吉村カートマンが務め、Cheese!限定のスペシャルトラックが収録されている。

コミックナタリーをフォロー