コミックナタリー

「ひるなか」撮影レポ、白濱亜嵐にやまもり三香「馬村を演じてくれてありがとう」

15174

「ひるなかの流星」場面写真

「ひるなかの流星」場面写真

やまもり三香原作による実写映画「ひるなかの流星」の撮影が、東京都内のスタジオにて行われた。コミックナタリーでは撮影現場の様子をレポートする。

この日撮影されたのは、東京へと引っ越してきた永野芽郁演じる与謝野すずめが、転校先の高校に初登校したシーン。スタジオに建てられた教室は、隅々までリアルに再現されており、備え付けられたロッカーもきちんと整えられたものや、散らかったままのものが用意され、各生徒の個性が表現されている。そんなセットの中で、すずめが三浦翔平演じる担任教師の獅子尾五月に促され、自分の席に座るまでを、さまざまな角度から撮影していく。

本作が映画初主演となる永野は、田舎育ちでまだ恋を知らないというすずめについて、「すずめ自体が自分自身と重なるところがすごく多い」と分析。また「普段の自分だったら、こう思うだろうっていうのを、すずめだったらどう思うかなって考えて、ちゃんとすずめと向き合いながらやっていこうと意識していました」と役作りのポイントをコメントする。

そんなすずめに恋することになる、女子が大の苦手な馬村大輝を演じるのは白濱亜嵐。本作の出演にあたり、自身をよりキャラに近づけるため3kgから5kgほどの減量を敢行したという白濱は、馬村のキャラクターを「純粋に、めちゃくちゃピュアな少年だなと感じました」と説明する。またやまもりが撮影現場を訪れた際のことを回想し、「2日間ほどご一緒させていただいて、先生の誕生日をお祝いしましたね。すごく素敵な方で、そして本当にシャイで、自分から喋りかけないと喋ってくれなかったです(笑)。『原作のイメージを持ちつつ、たくさんの方に届けることができるように頑張ります』とお伝えしたら、『馬村をやってくれて本当にありがとうございます』と言ってくださいました」と激励を受けたことを明かした。

本作で教師役を演じる三浦は、永野ら若手キャストから「引っ張っていただくことが多い」と頼られていた様子。現場では新城毅彦監督やプロデューサーに「ここがやりたい」「このセリフを付け足してもいいか」と提案しながら、撮影に臨んだという。そんな三浦は本作で苦労したポイントについて「12巻の原作を、1本の映画にまとめるということだと思います」と一言。山への移動教室や、運動会、クリスマスパーティーなどさまざまなイベントが劇中に盛り込まれていることを例に挙げながら、「とにかくスピーディーな展開で、そこに飲まれて自分の思っていることと、映像として出来上がったものが違うように見えてしまうのが怖かったので、監督と何回も相談しながら演じきりました」と作品へのこだわりを語った。

映画「ひるなかの流星」は2017年3月24日より全国東宝系でロードショー。脚本は「失恋ショコラティエ」の安達奈緒子が担当する。

(c)2017 フジテレビジョン 東宝 集英社 (c)やまもり三香/集英社

コミックナタリーをフォロー