コミックナタリー

谷崎潤一郎の魅力を11の作家が描く連載が単行本に、近藤聡乃×山口晃トークも

1197

中央公論新社のWeb連載「マンガアンソロジー谷崎万華鏡」をまとめた単行本が、11月9日に中央公論新社より刊行される。

「マンガアンソロジー谷崎万華鏡」は、文豪・谷崎潤一郎の生誕130周年を記念し、中央公論新社の公式サイトにて展開されていた連載シリーズ。高野文子古屋兎丸中村明日美子ら11名の作家が、谷崎の半生や彼の小説をモチーフに谷崎文学の魅力をマンガ化していく企画だ。単行本にはこれまで掲載された全11作品を収録。見逃した作品がある人も、もう一度読みたい人も手にとってみては。

また単行本の刊行を記念し、近藤聡乃と山口晃のトークイベントが、11月18日に東京・読売新聞東京本社にて開催。中央公論新社の公式サイトでは目下予約を受け付けている。会場では書籍のほか、山口によるイラストをあしらった「台所太平記手ぬぐい」など、限定グッズの販売を予定。さらに山口、近藤による原画の展示も企画されている。

加えて11名の作家による原画、パネルが並ぶ展示イベントも。11月26日、27日には東京・東中野のaptpにて、11月29日から12月5日までの期間は京都・誠光社にて、12月8日から25日までの期間は東京・荻窪のTitleにて実施される。一部作品は会場ごとに展示替えが行われ、いずれの会場でも書籍、グッズの販売を予定している。

「谷崎万華鏡 谷崎潤一郎マンガアンソロジー」

収録作品

山口晃「台所太平記」
しりあがり寿「瘋癲老人日記」
高野文子「陰翳礼讃」
榎本俊二「青塚氏の話」
中村明日美子「続続蘿洞先生」
今日マチ子「痴人の愛」
山田参助「ひょう風」
近藤聡乃「夢の浮橋」
西村ツチカ「人間が猿になった話」
古屋兎丸「少年」
久世番子「谷崎ガールズ」

「谷崎万華鏡 谷崎潤一郎マンガアンソロジー」刊行記念、近藤聡乃×山口晃トークイベント

日時:2016年11月18日(金)19:00~20:30(予定)
会場:読売新聞東京本社
住所:東京都千代田区大手町1-7-1
料金:1000円(当日精算、刊行記念枚数限定クリアファイル付き)
定員:130名

「谷崎万華鏡」原画・パネル展

日時:2016年11月26日(土)、27日(日)
会場:aptp
住所:東京都中野区東中野3-16-14 5階

日時:2016年11月29日(火)~12月5日(月)
会場:誠光社
住所:京都市上京区中町通丸太町上ル俵屋町437

日時:2016年12月8日(木)~25日(日)
会場:Title
住所:東京都杉並区桃井1-5-2

コミックナタリーをフォロー