コミックナタリー

10月よりスタート、全200巻の「手塚治虫文庫全集」

1

手塚治虫の生誕80周年を記念して、「手塚治虫文庫全集」全200巻が10月から刊行される。発売に先駆け、公式特設サイトが7月1日にオープンしている。

「手塚治虫文庫全集」は、1977年から1997年までの20年間にわたり講談社から刊行された「手塚治虫漫画全集」を、文庫サイズにリニューアルしたもの。全400巻を全200巻に再編集し、第1期から第4期に分け、10月より毎月刊行していく。

文庫版の刊行に伴い、元の全集には収録されなかった「ブラック・ジャック」「三つ目がとおる」「ミッドナイト」や、全集完結後に刊行された「ピノキオ」「バンビ」などを新たに追加。また手塚自身によるあとがきや、最新の作品データなども収録されるという。

さらに豪華な予約、購入特典も用意されている。全巻予約するとオリジナルの図書カードが、各期いずれかを全巻購入すると複製原画5枚セットが、4期すべてを全巻購入すると貸本時代の未発表作品「ロマンス島」がプレゼントされる。

また現在特設サイトでは、「手塚治虫文庫全集」のカバーデザインコンペを実施中。応募者の中から抽選で10名に、4月18日から6月21日まで江戸東京博物館で開催された「手塚治虫展~未来へのメッセージ~」会場にて限定販売品「手塚治虫展の図録」をプレゼント。応募は8月15日まで。

コミックナタリーをフォロー