コミックナタリー

「ヒロアカ」相澤消太役の諏訪部順一、黒服に白ストールでAJ登場

548

堀越耕平原作によるテレビアニメ「僕のヒーローアカデミア」の放送開始直前スペシャルステージが、本日3月27日に「AnimeJapan 2016」で行われた。

ステージには緑谷出久役の山下大輝、オールマイト役の三宅健太、爆豪勝己役の岡本信彦、麗日お茶子役の佐倉綾音、飯田天哉役の石川界人、轟焦凍役の梶裕貴が登壇し、それぞれが演じるキャラクターの説明をしていく。緑谷出久について山下は「ちゃんと主人公してるし、男らしいところもあるから注目してほしい」とコメント。岡本は爆豪勝己を「顔見てわかる通り、性格悪いです。オラオラ系です。そのオラオラを誰にするのかというと、女の子じゃありません、全員にやります(笑)」と紹介し会場を沸かせる。

佐倉綾音演じる麗日お茶子は「無重力(ゼログラビティ)」と呼ばれる個性を持つが、個性の副作用としてすぐ酔って嘔吐してしまうというヒロイン。すると石川が彼女のことを「ヒロイン」ならぬ「ゲロイン」と呼んでいることが暴露されてしまった。また佐倉も「ゲロを吐くとはかわいく吐いてください」と指示されることを明かし、「その辺りのゲロ加減が難しい」と終始「ゲロ」という言葉を発し周囲を困らせる。

飯田天哉役の石川界人が「彼は真面目で委員長タイプ。腹から声を出すので音量の調節が難しい」と語ると、梶裕貴は自身が演じる轟焦凍について「クールなセリフが多い。淡々と話すので、界人くんとのボリュームが違いすぎて(笑)」と返す。そして三宅健太はオールマイトについて「1人だけ作画が違う。そして中身も僕だけ違うでしょ。(ほかの登壇者を指差し)さわやかでしょ、(自分を指差し)Vシネでしょ(笑)。若者に揉まれてがんばっています」と冗談交じりに笑った。

また山下が1-Aの担任教師・相澤消太を紹介していると、それを遮り「お友達ごっこをしたいならよそへ行け。ここはヒーロー科だぞ」という相澤の声が。するとステージに諏訪部順一が現れ、相澤役を演じることが発表された。このサプライズには会場からも大きな歓声と拍手が沸き起こる。諏訪部は黒い服装に白のストールという相澤を彷彿とさせる服装で登場し、「見ての通りやる気がみなぎっています!」と意気込んでみせた。続いてスクリーンにはプレゼント・マイクのビジュアルが映し出され、声を吉野裕行が担当することも明らかに。

告知コーナーには、オールマイトの着ぐるみ・オールマイト君が登場。しかしオールマイト君はしゃべれないため、告知事項は三宅が代読するという事態に。2人の息はあまり合っておらず、終始ゆるい空気が流れ会場をなごませていた。最後は山下大輔の「プルス・ウルトラ!」という掛け声で締め。会場一体となりステージは幕を閉じた。

アニメ「僕のヒーローアカデミア」は、MBS、TBS系全国28局ネットで4月3日より放送。原作の単行本最新8巻は4月4日に発売を控えている。

(c)堀越耕平/集英社・僕のヒーローアカデミア製作委員会

コミックナタリーをフォロー