コミックナタリー

映画「珍遊記」舞台挨拶で松山ケンイチ「下ネタもあるけど3歳から観れる」

242

(左から)アイアム野田、おおかわら、倉科カナ、松山ケンイチ、溝端淳平、鈴木拓、山口雄大監督。

(左から)アイアム野田、おおかわら、倉科カナ、松山ケンイチ、溝端淳平、鈴木拓、山口雄大監督。

漫☆画太郎原作による映画「珍遊記」の完成披露上映会が、本日2月18日に東京・新宿バルト9にて開催された。

上映会前には舞台挨拶も行われ山田太郎役の松山ケンイチ、玄奘役の倉科カナ、龍翔役の溝端淳平、たけし役のアイアム野田山口雄大監督、張明役と脚本を担当するおおかわらに加え、おおかわらの友人で会場を訪れていたドランクドラゴンの鈴木拓が登壇した。鈴木は自身が置かれている状況について「溝端さんに手を引っ張られて出てきちゃいました。変な汗をかいてる」と説明。MCを務めたおおかわらからは、「スターの方々が出ているのに鈴木さんがしゃべることで、(他の人が話す)尺がどんどん短くなっていくから」と鈴木を牽制する。

元々原作のファンだったという松山は「めちゃくちゃな原作ですから映画として成立するのかわからない(笑)。でも画太郎さんのファンですし、雄大さんとも長編映画を一緒にやって面白い世界に行きたいなと考えていたので、今回の作品はそういう意味ではベストだなと思います」とオファーを受けた際の感想を語る。本作で特殊メイクや、過激なセリフに挑戦した倉科は、「ただただ脚本が面白かったんですが、出演させていただいたら、みなさんから『大丈夫?』って心配されて。あとから『そんな下品なことを言っていたのか』と気付いてびっくりしています」と告白。「脚本が面白かった」という倉科からの褒め言葉に、おおかわらは「やめてくださいよ」と照れてみせるも、山口からは「(共同で脚本を書いた)『おそ松さん』をやってる松原くんの力だから」とツッコまれた。

オリジナルキャラクターを演じた溝端は「とんでもないクズの役だったのでやりがいがあって楽しかったです。振り切ってやれました」とコメント。また溝端はおおかわらの現場での扱いについて「こんなに現場で蔑まれている脚本家を見るのは初めてでした」と語ると、おおかわらは「最終的には(ロケ先の)韓国の部屋で裸で踊ってましたからね。『脚本書いてこんなことまでやらないといけないのかよ』って」とぼやいていた。

また実写化のきっかけを問われた山口は「これまで画太郎作品を何回か担当させてもらっているんですが、『珍遊記』は(映画化するのが)最難関だと思っていて避けてきたんです。でもプロデューサーに『やってくれ』と説得されて。難しいなと思いながら形にしていきました」と振り返る。映画の見どころについては「今まで見たことのない(松山、倉科、溝端の)3人の姿が見られると思います。あとエンドクレジットの後にもちょこっと(続きが)あるので席を立たないでご覧いただければ」と語った。

最後に松山は作品について「下ネタとかも入っているんですが、(年齢)指定はついてないので3歳くらいから観れる作品になっていると思います」とアピール。山口も「ファミリームービーとして撮っていて、指定がついていないのもそれを狙って作りました。下品な部分もありますがいろんな人に楽しんでいただけると思います」と続けた。

「珍遊記」は2月27日にロードショー。公開前日の2月26日21時からは、松山、山口、おおかわらが出演する番組「松山ケンイチ初本気ニコ生出演/映画『珍遊記』公開前日SP」がニコニコ生放送にて配信される。

松山ケンイチ初本気ニコ生出演/映画「珍遊記」公開前日SP

日時 :2016年2月26日(金)21:00~
出演:松山ケンイチ山口雄大おおかわら

コミックナタリーをフォロー