コミックナタリー

ジャンプで新鋭が描く心優しき少年の冒険譚、連載記念に過去の読切も公開

1006

本日2月15日に発売された週刊少年ジャンプ11号(集英社)にて、新鋭・吾峠呼世晴の新連載「鬼滅の刃」がスタートした。

「鬼滅の刃」は父を早くに亡くしてしまった、心優しき少年・炭治郎を主人公に描く冒険譚。炭を売りながら家計を支えていた炭治郎の日常は、ある日家族を鬼に皆殺しにされてしまったことで一変してしまう。

なお少年ジャンプ+では、連載開始を記念し吾峠の読み切りを4週連続で掲載。第70回トレジャー新人漫画賞の佳作を受賞した、「過狩り狩り」が、本日配信された。続いて2月22日に少年ジャンプNEXT!! 2014 vol.2(集英社)掲載の「文殊史郎兄弟」、2月29日に週刊少年ジャンプ2014年39号掲載の「肋骨さん」、3月7日に週刊少年ジャンプ2015年21号掲載の「蠅庭のジグザグ」を公開する。

2月22日発売の次号週刊少年ジャンプ12号では松井優征「暗殺教室」が、表紙と巻頭カラーで登場。今号には「超重大発表!!」との告知文も掲載されている。

コミックナタリーをフォロー

  • コミックナタリー大賞