コミックナタリー

「グーグーだって猫である」ドラマ続編の制作決定、宮沢りえらキャストは続投

140

「連続ドラマW グーグーだって猫である」キービジュアル(c)WOWOW

「連続ドラマW グーグーだって猫である」キービジュアル(c)WOWOW

大島弓子原作によるテレビドラマ「グーグーだって猫である」の続編「連続ドラマW グーグーだって猫である2 -good good the fortune cat-」の制作が決定した。

「グーグーだって猫である」は飼い猫・グーグーとの愛しい日々を綴った、大島の自伝的エッセイマンガ。主人公・小島麻子役の宮沢りえをはじめ、長塚圭史黒木華田中泯とメインキャストは続投し、監督・犬童一心、脚本・高田亮、音楽・高田漣とスタッフも第1作のメンバーが再集結する。

放送は6月スタート予定。続編は全5話構成で、グーグーとともに過ごした15年8カ月の出来事をもとにしたオリジナルストーリーが描かれる。

コミックナタリーをフォロー

  • スタッフ募集のお知らせ【ナタリーストア】