コミックナタリー

鈴木愛理らが金田一蓮十郎作品の女性キャラに扮装、NON読み切りもヤンガンに

987

本日2月5日発売のヤングガンガンNo.04(スクウェア・エニックス)に、金田一蓮十郎による3作品の実写版ビジュアルが掲載されている。「ライアー×ライアー」の高槻湊を鈴木愛理℃-ute)が、「ラララ」の石村亜衣を吉川友が、「ゆうべはお楽しみでしたね」のおかもとみやこを田中れいなLoVendoЯ)が担当した。

金田一の描き下ろしイラストを実写化した同ビジュアルは、書店にも掲出。田中と吉川は各キャラクターのモデルになっており、2015年3月に制作されたコラボグラビアにも登場している。なお男性バージョンも用意され、「ライアー×ライアー」の高槻透を鈴木拡樹が、「ラララ」の桐島士朗を太田基裕が、「ゆうべはお楽しみでしたね」のさつきたくみを松田凌が演じた。「ラララ」「ゆうべはお楽しみでしたね」はヤングガンガンにて、「ライアー×ライアー」は月刊デザート(講談社)にて連載中。それぞれの新刊はすべて2月12日に発売される。また電子版「【フルカラー版】ゆうべはお楽しみでしたね」1巻も同日に配信スタート。

そのほか今号には手塚だい原作、NON作画による読み切り「ボクの天使ちゃん」が掲載。もうすぐ付き合って1年になるカップルのある一夜を描いた修羅場コメディだ。また西渡槇「妄想高校教員 森下」は最終回を迎えた。

コミックナタリーをフォロー