コミックナタリー

竹宮惠子の自伝「少年の名はジルベール」刊行、タブーへ挑んだ創作秘話も

2597

竹宮惠子の自伝書「少年の名はジルベール」が刊行された。

同書は少女マンガの黎明期を第一線で駆け抜けた、竹宮の半生が綴られている自伝。「24年組」を輩出した「大泉サロン」こと東京都練馬区大泉のアパートにて、仲間たちと「少女マンガで革命を起こす!」と語り合った日々や、当時はタブー視されていた少年同士の恋愛を描いた「風と木の詩」の制作秘話も語られている。

「ファラオの墓」「地球へ…」などヒット作を生み出した、竹宮の創作への思いが詰まった1冊だ。

コミックナタリーをフォロー

  • コミックナタリー大賞