コミックナタリー

押切蓮介が実母の半生描いた「HaHa」発売、あの事件当時のエピソードも

286

押切蓮介の最新単行本「HaHa」が、本日1月22日に発売された。

アニメイト、喜久屋書店、COMIC ZINで購入した人には特典が用意されている。配布状況は各店により異なるので、希望者は購入予定の店舗にて確認を。

モーニング(講談社)にて連載されていた「HaHa」は、「でろでろ」などさまざまな作品で強き母を描いてきた押切が、自らの母をテーマにして挑んだヒューマンコメディ。目の前にいる豪快な母の半生について何も知らないと気づいた少年・良太と、下関のスケ番少女だった良太の母を軸に物語は展開される。実母と押切自身をモデルに描かれた今作には、刑事告訴を受けた“あの事件”当時のエピソードも登場。ファン必読の1冊だ。

コミックナタリーをフォロー

  • コミックナタリー大賞