コミックナタリー

「はがない」の平坂読最新作がGXでマンガに、「IS」シャルの付録や新連載告知も

65

「僕は友達が少ない」で知られる平坂読原作「妹さえいればいい。」のコミカライズ連載が、本日12月19日発売の月刊サンデーGX1月号より始動した。作画を担当するのはい~どぅ~。

「妹さえいればいい。@comic」の主人公・羽島伊月は、「妹モノ」の作品ばかり書くほど妹好きなライトノベル作家。そんな伊月に好意を寄せる可児那由多は才能のある天才作家だが、伊月とエッチなことをしたいと願う“残念系美少女”で……。

そのほか今号には弓弦イズル原作、結城焔作画の「IS <インフィニット・ストラトス>」のクリアファイルが付属。透け衣装をまとったシャルが描かれている。

また次号では飯沼ゆうきの新連載「新世のリブラ」がスタート。3月号では江戸屋ぽちの新連載「こはねちゃんの犬(仮)」が、4月号では犬上すくねの新連載「そうじゃない人々(仮)」がそれぞれ開幕する。加えて春頃には新鋭・霧丘晶による「鉄子の旅 3代目」も始動。同作には旅の案内人として横見浩彦が参加している。続々と新連載がスタートするサンデーGXに注目しておこう。

コミックナタリーをフォロー