コミックナタリー

原秀則が野球と裏方の魅力描く「ハートボール」1巻、営業マンが弱小球団支える

89

原秀則の新作「ハートボール」1巻が、本日11月30日に発売された。脚本は風巻龍平が担当している。

「ハートボール」は、大手食品メーカー・はっぴ~製菓の営業部に務める玉田直太郎が主人公。玉田はある事情から社内で干され続け、早数年が経とうとしていた。我慢の限界に達した玉田は部長のもとに辞表を叩きつけに向かうが、そこで一枚の辞令を渡され、弱小球団の営業を任されることになるのだった。玉田は戸惑いながらも、野球とそれを支える裏方の仕事に魅力を感じていく。前作「バンクーバー朝日軍」に引き続き描かれる野球マンガに注目だ。

同書には2013年にビッグコミックに収録された読み切りと、ビッグコミック増刊号(ともに小学館)に掲載されてきたストーリーが収められている。

コミックナタリーをフォロー

  • コミックナタリー大賞