コミックナタリー

山本英夫×池上遼一による新連載がスペリオールに、透明人間がヤクザに迫る

143

「殺し屋1」「HIKARI-MAN」の山本英夫が原作を、池上遼一が作画を手がける新連載「アダムとイブ」が、本日10月9日発売のビッグコミックスペリオール21号(小学館)にてスタートした。

「アダムとイブ」の物語は、とあるヤクザの会合に、透明人間と思しき2人組が訪れるところから始まる。山本と池上による異色のタッグから生み出される今作に注目したい。

コミックナタリーをフォロー

  • コミックナタリー大賞