コミックナタリー

チャンピオン創刊40周年 あの名作が描き下ろしで蘇る

5

3月26日発売の週刊少年チャンピオンNO.17(秋田書店)から、チャンピオン創刊40周年記念「名作読み切りシリーズ」がスタートすることがわかった。

巨匠たちが自らの作品を読み切り新作として描き下ろすこのシリーズ。3月25日発売のNO.17には水島新司「ドカベン」に加え鴨川つばめ「マカロニほうれん荘」特大カレンダー。4月2日発売のNo.18には石井いさみ「750ライダー」。4月9日発売のNO.19には山上たつひこ「がきデカ」。4月16日発売のNO.20と4月23日発売のNO.21+NO.22には永井豪とダイナミックプロ「キューティーハニー vs あばしり一家」前後編が掲載される。他にも立原あゆみ「本気」、つのだじろう「恐怖新聞」、内崎まさとし「らんぽう」、牛次郎・神矢みのる「プラレス3四郎」、古賀新一「エコエコアザラク」が登場する予定。

どの作品もいずれ劣らぬ名作ばかり。他にもどんな作品に新しい生命が吹き込まれるのか、しばらくの間チャンピオンから目が離せそうにない。

コミックナタリーをフォロー