コミックナタリー

もう男なんて見たくない。「つぼみ」は女の子率100%

2月12日に芳文社よりガールズラブ専門アンソロジー「つぼみ」が創刊される。少女同士の淡い恋愛模様を扱う、いわゆる「百合」ムーブメントの高まりを受けて、若手から実力派まで16人のマンガ家が集結した。

表紙を飾るのは「EAT-MAN」「BLUE DROP」などで知られる吉富昭仁。他に森永みるく宇河弘樹きづきあきらサトウナンキはっとりみつる吉田美紀子釣巻和大朋めがね小川みどり水谷フーカ久遠あき星逢ひろきぎたつみ宮内由香泉結基らが顔を揃えた。

価格は980円。刊行は2月、5月、8月、11月の年4回となっている。なお本のサイズがA5コミックスサイズのため、書店店頭で探す際にはご注意を。「百合」マンガの先駆け的存在、コミック百合姫(一迅社)と肩を並べられるか、期待して見守りたい。

コミックナタリーをフォロー

  • 読者アンケート実施中【コミックナタリー】