コミックナタリー

猿渡哲也がYJで新作読切、無秩序な世界に生きる人斬り描く

39

「TOUGH ―タフ―」「ロックアップ」で知られる猿渡哲也が、本日4月24日発売の週刊ヤングジャンプ21・22合併号(集英社)に新作読み切り「Runin -The RONIN in the Ruined City-」(Runinのuは、uにマクロンが正式表記)を執筆した。

「Runin -The RONIN in the Ruined City-」の舞台は、殺人ウイルスのパンデミックや第三次世界大戦の勃発によって、秩序が崩壊したニューヨーク。人斬りの菊乃ガモンが、犯罪者集団に連れ去られた少女の奪還を依頼される場面から物語は開始する。

5月8日発売の次号週刊ヤングジャンプ23号からは、「“JUMP”meets“Girl” SPECIAL COMIC」と題した読み切り企画が2号連続でスタート。23号には大場つぐみ原作によるろびこ「スキップ!山田くん」、15日発売の24号には森田まさのりが原作を金田一蓮十郎が作画を手がけた「あと一本の男」が掲載される。

コミックナタリーをフォロー

  • 読者アンケート実施中【コミックナタリー】