コミックナタリー

CLAMP

クランプ

ストーリー担当の大川七瀬と、作画担当のいがらし寒月、猫井椿、もこなの4人から構成されたチームの名称。全員関西出身。同人グループとしての活動を経て、1989年にサウス(新書館)にて「聖伝-RG VEDA-」でデビュー。分業制をとっていることから、担当したメンバーによって作品のトーンが異なるのが特徴。掲載誌も少女誌から青年誌と幅広く、年齢・性別を問わず幅広い層から支持されている。2001年「カードキャプターさくら」で第32回星雲賞コミック部門を受賞。週刊少年マガジン(講談社)の「ツバサ-RESERVoir CHRoNiCLE-」とヤングマガジン(講談社)の「XXXHOLiC」は、同時スタートでストーリー展開をリンクさせるという実験的な内容で大きな話題となった。

CLAMPのニュース

コミックナタリーをフォロー